年の差婚の熟年離婚

【熟年離婚のその後】実は年の差婚でした。

50代で熟年離婚したのその後を綴ります。春さくらです。

実は元夫は私より18才年上でした。
私が27才になりたてのときに結婚しました。

新婚旅行ですでに後悔していたんです。
その時の記事はこちら
熟年離婚よりも成田離婚をすすめる理由

年の差婚の始まり

18才差って!
下手したら親子ですね。

でも、お付き合いしている時は
逆にその年齢差が面白くて刺激的でもありました。

当時はバブルの真っ只中。
高級車でドライブ、
一流ホテルでの食事などなど・・・

存分に甘えさせてもらいました。

親との関係に悩んでいた

私は小さいときから両親に心を開けずにいました。
そう・・・
小さいときからすでに親の顔色を伺う子供だったんだと思います。

親は頭ごなしに怒ってくるのですが
それに対して口答えすることもできません。

「いつかこの家を出ていく!」
と決めていたにもかかわらず
親が怖くて家を出たいことも言い出せないような子供でした。

当時はとうに二十歳を超えていましたが
自分の思い通りのことは何もできなくて
心の中は不満でいっぱい。

だけど気が弱くて親に口答えができない。
3つ違いの妹だけが理解者でした。

そんなときに出会ってしまった

毎日、家に帰るのが憂鬱でした。

それまでもお付き合いしている男の子はいましたが
私が晩御飯までに帰らないと怒られる!

と慌てて帰るので
最終的にはお互い疲れてしまって破局しました。

そんなときに元夫に出会って
半ば強引に結婚に至りました。

それまでお付き合いした男の子たちは
私が慌てて家に帰るのを黙って見送ってくれました。

ところが元夫は

そんな家からは早く出てお嫁に来なさい・・
というような言葉で強引にアタックしてきたんです。

最初はそんなの絶対に無理!
年相応の男性とお付き合いしていたときだって
親に紹介とかできなかったのに
18才も年上の彼をどうやって紹介するの?

と途方に暮れました。

でも、
「家を出たいのならそれを克服しないと出れないよ」
「俺も頑張るから」

と勇気づけられて
ほんとに死ぬ気で親に紹介しました。

当然ながら大反対にあいました

見た目がイケてるわけでも何でもない40過ぎにおじさんを連れてきたことで、母親には泣かれるし将来的にも心配だと大反対にあいました。

しかも彼はバツイチです。
そして実をいうと少しの間だけ不倫関係でした。

「妻と別れるから結婚して欲しい」
と彼はサッサと奥さんと別れてしまいました。

子供がいなかったので簡単に離婚が成立したようです。
今から考えるとあんなに簡単に奥さんも離婚に承諾したってことは、それなりの夫だったってこと。

それもわからずに突っ走ってしまったんです。

今思うと私の方から
「奥さんと別れて!」とか
「奥さんと私のどっちが大事?」とか
そんなことは一度も言ったことがありません。

逆に彼から
「いつ親に言うの?」とか
「◯ちゃん←(わたしのこと)は頑張れば言える子なんだから!」
などという内容の電話が毎日かかってきました。

 

幸せになれるかと思った

まあ、こんな調子だから結婚するまではホントいろいろありました。

でも私はこれで「家に帰らなくてもいいんだ!」

とものすごい開放感があったことを覚えています。

もちろん彼のことは好きだったと思います。
でも、こうやって冷静に振り返ってみるとまるで家出少女のようですね。

結婚相手・・というより
自分を可愛がってくれる人を探していたのかもしれません。

当然、そんな関係ではうまくいくはずありません。

顔色を見る相手が夫に変わっただけ

長年ずっと親の顔色を伺いながら暮らしていて、これで私は自由になれる!
と思ったのも束の間、今度は夫の顔色を伺うことになります。

DV被害女性がDV行為を行う男性を選んでしまうのと同じで、これはきっと私に問題があるのだと思います。

ビクビクといつも相手に合わせているので、相手もどんどん横柄な態度になる。
ということは私が変わらなければもし将来パートナーができたとしても、また同じことの繰り返しになるのではないでしょうか?

年の差婚は難しい

年の差があることはもちろん自分とかけ離れている人と暮らすことは、想像以上に大変でした。

同い年で同じ趣味の旦那さんだったらどうなんだろう?

とよく考えたものでした。

「結婚生活は人生の修行」ともいいますが、ほんとにそのとおりです。
なぜこうも自分と正反対でわかり合えない人を選んだんだろう。

一生懸命合わせていた私ですが、
夫に合わせることを止めたとたんにうまくいかなくなりました。

【熟年離婚の記録1】きっかけ

上の記事は無視されていたときに、私からご機嫌取りを止めた途端、夫婦の関係が終わったという内容です。

熟年離婚したことで気がついたこと

恥を晒すようなことばかり書いてきましたが、
私という人間がどれだけ未熟だったのか?ということが思い知らされます。

いつも同じような失敗を繰り返すのは、その人の課題をクリアさせるための「神様からのお試しレッスン」なんだそうです。

私の場合、ついつい面倒くさいとか気が弱くて言い出せない・・
ということが原因で失敗を繰り返してしまっています。

自分の気の弱さのため【お金の話ができない】【言いたいことがいえない】
この部分がクリアされないときっと同じ過ちを繰り返してしまうと思います。

前向きになるために

どうせだったらこのブログを書くことで、前向きな自分に変わりたい!
そんな思いで書いています。

拙いブログですが一緒に応援してもらえると励みになります。

オリジナルバナー作りました!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村
にほんブログ村 家族ブログ 熟年離婚へ
にほんブログ村