発達障害

入籍祝い、親からのお祝いはやっぱり現金?

ご祝儀袋

こんにちは。
よもろぐ。春さくらです。

星野源さんと新垣結衣さん、結婚しましたね。
逃げ恥は大好きなドラマなので偽造結婚が本当になったのは嬉しかったです。

実はうちの息子も今月めでたく入籍しました。

入籍だけの場合の親からのご祝儀は必要?

お金の写真

今のこのご時世、結婚式を挙げないという選択が普通になってきました。
まあ仕方ないですね。

息子はたぶん結婚式なんて挙げたくないだろうから、コロナで結婚式を挙げないのはかえって良かったのかもしれません。

そういう私もあんまり派手なことは好きではないし、色々と気を使うことが面倒なので息子が気に入った人と一緒になれたことだけで十分、特に結婚式はどちらでも・・という考えです。
お相手の女性もどうしても結婚式を挙げたいという気持ちもあまりないようですし。

そんな事情で入籍のみとなったのですが、そういう場合は親からのお祝いは必要でしょうか?

欲しいものがあるかどうか聞いてみたら

ご祝儀袋

現金が一番助かるんだろう。
ということは重々承知ですが、そうなるといくらあげればいいか?悩みます。

ネットでググったところ5万円とか10万円というのが妥当な金額のようです。

近くに住んでいたらお嫁さんに何が欲しいか?聞いてみることもできますがあいにく遠い場所で暮らしているのでそれも叶いません。

そもそも、息子と同居していた時は息子にかなり助けてもらっていたのですが一人暮らしをしたいと家を出ていってからは我が家の家計は決して楽ではありません。

息子が大学1年の時に離婚をして必死で学費を払い、一生懸命育てた息子です。

息子
ひとりで一人前になったような顔をしてのほほんと暮らし特に感謝してもらっている感じもあまりありません。まったく連絡もしてこないし。

手を繋ぐ男女の写真
結婚できる?できない?恋愛に縁のなかった息子の結婚。こんばんは。 よもろぐ。 春さくらです。 webデザイナーになるために 毎日ずっとパソコンの前で勉強に明け暮れています。 ...

結婚を機にますますうちには寄り付かなくなりそう。
それなのにやっぱりお祝いってあげるべきなのか?というのが本音です。

男の子は結婚したら嫁の実家が居心地が良い?

こんな話も時々聞きますよね。
嫁の実家の方が居心地が良いって本当なのでしょうか?

確かに嫁姑がいがみ合っていたら間に立つ息子は気まずいと思います。
うちの場合はいがみあうも何もほとんどしゃべったこともない間柄です。
物理的に住んでいる場所も遠いので仕方がないですが。

娘には結婚しても近くにいて欲しいと思っています。
できれば同居できたら。。って。

でも息子が嫁の実家と同居みたいなことになったら・・
と思ったらかなり微妙です。

あなたの家の子供になるために一生懸命息子を育ててきたわけじゃない!
って叫びたい。
大学生の時はマジで大変だったから。
女手ひとつで大学の学費を払うために子供たちにも借金してもらいました。
もちろん私の貯金はすっからかん。

あ〜
ちょっと脱線してしまいました。

入籍祝いは多少の現金をお祝いに送ることになりそうです

結局はお金が一番助かるだろう。
ということで気持ちばかりの現金を送る感じになるかな?と思います。

娘に「連名で一緒にお祝いしない?」って誘ったら
「友達でもないのに連名って何!」と呆れられました。

何はともあれ
発達障害グレーゾーンの息子が結婚までできた!
というのはおそらく上出来なのではないか?
と心の中ではホッとしています。

発達障害グレーゾーンって? ハヤトは今年26才。自分の得意な分野で社会で立派に活躍して一人暮らしをしています。当時は発達障害なんていう言葉はありませんでした。いや...

さっそく読者登録してブログ村読者リーダーでこのブログをチェック!

よもろぐ|50代おひとりさまの生きるヒント - にほんブログ村

この記事がいいな・・と思った方は下のバナーをポチッと押して応援をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

熟年離婚の末路はどん底の生活に?!50代で離婚した体験談。熟年離婚で絶体絶命ゼロからの逆転人生!春さくらです。 私は47歳のときに熟年離婚を経験しました。 何の知識もなく準備もな...
私と娘が断捨離で運が良くなった訳
断捨離で運が良くなった50代シングルマザーの話こんにちは。 よもろぐ、春さくらです。 私は片付けが苦手です。 きれいなお家には憧れるしそうなれたら嬉しい。 だけどどうした...

副業をことをブログに書いています。↓

オリジナルバナー作りました!
クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村