人生100年!55歳からの人生を自分で切り開く方法
try to Raise luck!
子育て

おむつなし育児

「おむつなし育児」という言葉があることを最近知りました。
実は20数年前に娘のめいこにはこの「おむつなし育児」を実践していました。

おむつなし育児

長男のハヤトのおむつはずしに大変な思いをしたため、二人目はわけがわからないうちにトイレで排泄する習慣をつけよう!と思ったためでした。

実をいうとこの方法は私の母に教わりました。
私もこのおむつなし育児(当時はそんな言葉ありませんでしたが)で、できるだけうんちはトイレで排泄させていたので、布おむつでも洗濯が楽だったそう。

一人目の時からさんざんいわれてきましたが、当時の私はマニュアル人間。
トイレトレーニングは、実際に2歳頃から・・というのが一般的でした。

でも実際に2歳ぐらいになってトイレに連れて行っても怖くて座れない・・・
なので息子のおむつはずしは年少さんで幼稚園に入る寸前。

さて、じゃあ実際にどうやってめいこのトイレトレーニングをしたか?というと。

まず排泄のリズムをつける

生まれて1ヶ月後ぐらいにミルクの時間がだいたい決まってきます。
うちの場合は早朝に1回目のミルクの時間。
2回目が10時頃でした。

その10時頃のミルクの後になんとなくうんちが出るようになってきます。
・・で、出ない時は綿棒で肛門を刺激すると
一生懸命排泄しようといきみだします。

おむつなし育児

新生児なのでうんちもまだまだ可愛い。
トイレットペーパーをおしりの下に敷いて、出たらそれをそのままトイレに捨てます。

3ヶ月ぐらいからトイレで排泄をスタート

3ヶ月?
ってびっくりされるかもしれません。

でも3ヶ月ぐらいになってくると
腰が座ってきて抱きかかえてトイレに連れて行くことができます。

おむつなし育児

それまで寝た状態で排泄していたため
ときには綿棒で肛門を刺激していましたが、
抱きかかえるようにしてから
娘も楽になってきたようでした。

おむつなし育児の効果

それからはほぼおむつにうんちをするということはなくなりました。
それによっておむつかぶれは一度も経験しなかったし、母親の私もうんちの付いたおむつを取り替えたりすることがなくなりトイレに関してはストレスはまったくなかったです。

またおむつの節約にもなって経済的にもかなり助かりました。

1才前には完全にトイレでうんちができるように

おむつなし育児

めいこは女の子ということで口が達者だったため、
1才前には「うんち〜」と言えるように。

そこからはめいこの方から教えてくれるので、
トイレに座らせて完全にトイレでうんちができるようになりました。

おしっこは?

実を言うとおしっこは特に教えていなかったので
普通におむつでしていました。

だけどトイレの恐怖感はまったくないし
うんちは完全にトイレでするものだと思っていたので
おしっこも早くできるように。
(確か1才4ヶ月ぐらいには取れた覚えがあります)

早くにトイレで排泄できるようになった影響

子育て中のママはどうしても自分の子供のおむつが早く取れることが優秀(?)だと思ってしまうかもしれません。

逆にいつまでもおむつの取れない子はダメな子だって。

でも、これはまったくもって関係ありません!

早くにおむつがとれためいこですが、
特に頭がいいわけでも勉強ができるわけでもなく
実は現在24歳ですが働いていません。
世に言うパラサイト・シングル。

逆にいつまでたってもおむつが取れなかったハヤトは、現在仕事をバリバリとこなし親から離れて自立しています。

だからトイレができない、おむつがとれない・・
って悩んでいるママ!

ゆっくりと焦らずその子のペースで進めてあげてください。
必ずおむつが取れる日がきますから。