50代から運気を上げて金運を引き寄せよう
try to Raise luck!
熟年離婚の記録

【熟年離婚の記録5】新しい生活

50代女性の熟年離婚のその後を綴ります。春さくらです。

熟年離婚後の子どもたちとの新しい生活

最寄り駅からバスで20分ぐらいの場所にテラスハウスを借りて、子どもたちと3人の暮らしが始まりました。

息子は22才で新卒、娘は20才でやはり新卒。
ふたりとも手取り17万ぐらいはお給料としてもらえます。

家賃は10万円。
子どもたちのお給料を当てにすればやっていけました。

でも、子どもたちはいつまで一緒に暮らせるかわからないので、やはり自立したい!

当時私はweb関係の仕事をフリーランスでしていました。
自営なので並はありますがだいたい平均して月収30万ほど。

すごい!
って思われるかもしれませんが、フリーランスという働き方で将来何も保証がない。
だから月収30万で喜んでいてはダメなんです。

風向きが変わるとあっという間に収入ゼロになりかねない。

不安が不安を呼んで精神的に不安定に。

そんなわけで、毎日が不安で不安で。。。
毎月が綱渡りのような生活でした。

引っ越してきた時は新しい土地、新しい家(といっても古いテラスハウスです)で気持ちが新鮮でしたが、現実に目を向けるとこの先のことが不安で仕方がない。

あんなにイヤだった夫なのに、「離婚したのは間違いだったかも?」
なんてグルグルと思考が頭の中を回ります。

今思うと当時は息子も娘も働いていて、合算すると月約60万ほどの収入があったにもかかわらずどうしてあんなに不安だったんだろう?
と思い返したりします。

その後、息子は独立。
娘は仕事を続けられなくなり・・・

生活は私の収入だけに頼らざるを得なくなります。
でも人間、やらなければ!となると意外と頑張れるものです。

熟年離婚後、節約生活を止めました

「え?」
節約生活を始めた・・・の間違い?

いえいえ、
実は夫がいなくなってから、今までと反対のことをしてみよう!
と考えて長年の節約生活を思い切って止めてみました。

元夫は、節約が大好きな人でした。
1円でも安い買い物をするような人で、よく言えば締まり屋、悪く言えばケチ。
曲がりなりにも家族だったし、私よりも18歳も年上だったのですごく影響されました。

ごちそうを食べるのはお正月ぐらい。
霜降り牛肉のすき焼きも私の記憶では食卓に一度も登ったことがありません。
外食はわりと好きだったのですが、お寿司はもちろん1皿100円の回転寿司。
家族でのお出かけは、近所のスーパーがほとんど。
そこのフードコートでお昼を食べる・・という暮らしです。

まあ、よくある普通の暮らしです。
でも・・・
夫はわりとお給料もよく(年齢も年齢だったし)もう少し家族にサービスしてくれても良かったんじゃないかな?
と今はそう思います。

当時は私も一緒になって節約生活をしていたので、それはまったく不満でもなかったんですが(笑)

だけどその生活を20年続けた結果がコレ。
節約してお金をためてマンションの繰り上げ返済を頑張ったのに、私には何も残りませんでした。

だから節約生活を止めてみました。
子どもたちと回らないお寿司屋さんにもいきました。
個室のある焼肉屋さん、ファミレスじゃないハンバーグ屋さん。

別にこういうところに行ったところで急に貧乏になるわけではありません。
もちろん、貯金はできませんが。

熟年離婚したら子供に頼ってもいい

私の友人でもほとほと旦那に愛想を尽かして熟年離婚を考えている人がいます。
その人の子供もうちと同じ年頃です。
有名私立大学を卒業し、しっかりとした企業に内定をもらったにもかかわらず、

子供には頼れない
と離婚に踏み切れないようでした。

親って子供に頼っちゃいけない・・
って思っている方が多いと思います。

あと、別の友人は息子が家にお金を入れてくれてるにもかかわらず、それは絶対に使えない・・と一切手を付けていません。

それが親っていうもんだと思いますが、親がピンチの時は子供だって力になりたいと思うのではないでしょうか?

少なくてもうちは親子・・・
というより3人の共同生活で生計を立てていました。

あのまま子供に頼れないからと無理して結婚生活を続けていても、きっと精神上良くなかったし下手したら憎み合って何かおかしなことになっていた可能性もあります。

熟年離婚を考えている人って子供がもう20歳を超えていることが多いと思いますが、子供にも甘えさせてもらえるのであれば甘えてもいい!と思います。

熟年離婚で定年のない働き方を選択した

たまたまずっとフリーランスで仕事をしてきた私ですが、当時あまりの不安定さに外で働くことも考えて何かというと求人情報サイトをみていました。

この求人を見ているとあっという間に時間が過ぎていきます。

そのときに考えたのが、定年まであと10年。
(当時50才だった)
おそらくたいしたお給料はもらえない。
貯金だって老後を安心して迎えられる額には程遠い。

それだったら自分でなんとかしてみよう!

貯金はなくても、パソコン一つで月10万収入があれば年金と合わせれば贅沢はできないけれどやっていけるんじゃないか?

元気だったらパートに出てもいいしね。
そうすれば月20万ぐらいの収入になる・・と。

それからはとにかく知恵を絞って自力で頑張るという働き方を選択しました。
このブログを書いている時点ではまだゼロです。
(アフィリエイトはすぐに収入にはなりません)

でも、絶対にブログで稼げるようになる。
またつらい思いをしている離婚経験女性に「こんな働き方もある!」ってことをお伝えできたら・・と考えています。

次ページ →「【熟年離婚の記録6】後悔」