開運片付け

キター!驚くほど結果が出るのが早いトイレ掃除の効果

トイレ掃除

こんにちは。
よもろぐ。
春さくらです。

私、55歳にしてwebの学校に通っています。
ついこの前がオリエンテーションで他の生徒さんと初顔合わせがありました。

予想通り20代〜30代の人がほとんど。
私の子供と同じ世代の人たちが同級生になります。
おばさんだけど頑張らなくっちゃ。

58万円の受講料がすでにペイできるかも?

学校でスキルを学ぶのにはお金がかかります。
今回はもう清水の舞台から飛び降りました。
なんせ受講料はしめて58万円。

私がこれからwebを本格的に勉強することは、あまり誰にも話していません。
散々今までお客さんのホームページを作ってきて、これから勉強するっていうと
「じゃあ、今までは素人さんだったの?」
なんて思われるのが怖くて。

さくら
さくら
まあ、お仕事を受ける前には完全な独学でそれでもいいか?ということはお客さんにお伝えしていますが・・

そう。
今回学校で勉強することは誰にも話していませんが、どういう訳か大きな仕事がすでに2件も申し込みがありました。

合計するとwebの学校の受講料58万円をかる〜くペイできちゃう金額です。

トイレ掃除は毎朝欠かさず実践しています

トイレ掃除

9月から始めた朝のトイレ掃除
とりあえず毎日欠かさず実践しています。

トイレ掃除にはすごい効果があるらしい
【金運アップ!】トイレ掃除にはすごい効果があるらしい。こんにちは。 よもろぐ。 春さくらです。 毎日トイレ掃除をすると金運があがる! ということで昨日から実践しています。 ...

このトイレ掃除を始めてから
特に頑張って集客しているわけでもないのに、仕事がちょこちょこ入ってくるようになって極め付きは一昨日非常に大きな仕事のオファーが入りました。

今までだったら私ではちょっと役に立てない・・
とお断りしてしまうような案件でしたが、まったく急がないということだったので、来年5月にはおそらくスキルアップしているであろう、と予測して受けてしまいました!

こんなミラクルが起こったのにはもしかしたらトイレ掃除の効果が出てきているのでは?
なんて思っています。

トイレのフタ、きちんと閉めていますか?

トイレの蓋

私は自宅にお客様をお招きして仕事をしています。
当然のことながらお客様はトイレも使います。

驚いたことに、トイレを使った後にフタをしない方って意外と多いんです。

昔なにかの本で「お金持ちの家はトイレのフタが必ず閉まっている」
というようなことを知ってからは我が家では必ずトイレを使った後にはフタを閉めるようにしています。

もちろん家族にも徹底してもらっているので、逆にトイレのフタが開いているとめちゃくちゃ違和感があります。

トイレ掃除ももちろん大事ですがトイレのフタを閉めることは、トイレ掃除よりもずっとずっと簡単ですので、モヤモヤしている人はぜひ実施してみてくださいね。

まあ、うちがお金持ちか?
と言われるとまだそうではないのですが、熟年離婚をしてフリーランスでなんとなく生きていけちゃうのはもしかしたら何かに守られているのかもしれません。

トイレ掃除で金運が上がるのならやったほうがいい

トイレ掃除って時間にすると5分ぐらい。
毎日掃除しているとたいして汚れていないので、とっても楽ちん。

なぜトイレ掃除で金運が上がるのか?
というとこれといった根拠はありません。

だけど、ずっと昔からトイレ掃除=金運が上がる
と言われてビートたけしや松下幸之助さんなどトイレ掃除を大切にしてきた有名人が多いことも事実です。

お金もかからないし、時間もかかりません。
そして何よりいつもピカピカのトイレって気持ちがいい!

これからもサボらずにせっせとトイレを磨いていこうと思います。

 

さっそく読者登録してブログ村読者リーダーでこのブログをチェック!

よもろぐ|50代おひとりさまの生きるヒント - にほんブログ村

この記事がいいな・・と思った方は下のバナーをポチッと押して応援をお願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代の生き方へ
にほんブログ村

熟年離婚の末路はどん底の生活に?!50代で離婚した体験談。熟年離婚で絶体絶命ゼロからの逆転人生!春さくらです。 私は47歳のときに熟年離婚を経験しました。 何の知識もなく準備もな...
私と娘が断捨離で運が良くなった訳
断捨離で運が良くなった50代シングルマザーの話こんにちは。 よもろぐ、春さくらです。 私は片付けが苦手です。 きれいなお家には憧れるしそうなれたら嬉しい。 だけどどうした...

副業をことをブログに書いています。↓

オリジナルバナー作りました!
クリックしてもらえると励みになります。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 50代おひとりさまへ
にほんブログ村