熟年離婚その後

熟年離婚をして自由な生活を手に入れることってできるの?

47歳のときに熟年離婚をしてから7年になります。
熟年離婚を考えている方は多いかもしれません。
これで良かったのかどうなのか?
答えが出たわけではありませんが、私は今わりと幸せです。

離婚して自由な生活を手に入れることは誰でもできる

離婚して自由な生活ができるのはもしかしたら特別な人しかそんなことはできない。
と思われているかもしれません。

でも自分でそう決めてしまえば誰にでもできます。

もちろんお金の心配もあるし老後の心配もあります。

 

でもこのまま合わないダンナとずっと連れ添っていくのか?
それとも安定は捨てて自由な生活をとるのか?

それはその人次第です。

 

ここでいう「自由」というのは
決してお金がたくさんあって好き勝手に暮らせるという自由ではなく、家の中でビクビクしながら生きていくことを手放せたという意味です。

ですので当然お金の心配もあるし、老後も心配です。

とはいえ
毎日が自分らしい生き方ができるようになったことで精神的に楽になりました。

https://gray-zone.com/jukunen-rikon/after/post-0117/

 

熟年離婚して一番変わったこと

熟年離婚

熟年離婚して一番良かったことは、子どもたちの健康問題です。
離婚をきっかけにふたりとも健康になりました。

離婚当時、息子は大学1年生、娘は高校2年生でした。
どういうわけか息子は小学生ぐらいから、時々(年4回ぐらい)謎の腹痛に襲われるようになっていました。


もちろん病院も行きましたが、結果は「異常なし」。
仕方がないのでこの腹痛はずっと付き合って行くしかないね・・と定期的に痛み止めをもらいに行っていました。


娘も謎の頭痛と腹痛があって、今思うと普通の高校に行けたのが奇跡のように学校になかなか行けない子供でした。
やはり病院に行きましたが結果は「異常なし」

ところが離婚して夫が家からいなくなってからというもの、息子の腹痛は嘘のようになくなり今ではそんなことがあったなんて信じられないぐらい元気です。


娘も少しずつ学校に行けるようになってきて、高校3年生になった時はほぼ欠席なしで学校に行けるようになりました。

家の中の緊張感が半端ない

夫は浮気をしたりお酒を飲んだり暴力を振るうタイプではありませんでした。
真面目に会社で働いていたし、そこそこのお給料をもらってきてくれました。

 

じゃあなんでそんな子供が具合が悪くなるぐらいな状況だったかと言うと・・・
ちょっとしたことで怒ると何週間も口を聞いてくれなくなります。
そうなると家の中がものすごい緊張感に包まれます。

もちろん私に怒っているので、子どもたちとは喋ります。
なので私になにか用事があるときは子供(特に娘)に
「お母さんに◯◯と言っておいて」
などと伝言をするという時期が定期的にやってくるのです。

子どもたちも生まれたときからそうだったので特に「変」とは思っていなかったようです。
でも、私はいくら気をつけていても時々彼の機嫌を損ねる行動を起こしてしまい、いつも途方に暮れるという生活を20年近く続けていました。

無視する夫にどう接したらいいかわからない

無視されだすと、私もどうしたらいいか?本当にわからない。
「怒ってるの?」
なんて聞こうものなら火に油を注ぐようなもの。

それがなければ、まあまあ表面的には仲の良い関係だったので、怒っていないときに
「怒って口を聞いてくれないときはどうしたらいいの?」
と夫に聞いたことがあります。

すると、その時は「黙っていて欲しい」とのこと。
でも、黙っているといつまで経っても(何週間も!)
口を聞いてくれない生活が続くので、
結局私が折れて怒っている原因を聞いたりして、よくわからないうちに彼の機嫌が少しずつ良くなる・・
というパターン。

https://gray-zone.com/jukunen-rikon/morahara/post-720/

 

結局は私の愛情不足が原因だったのかも?

結婚してからというもの、私の彼への思いは理想がガタガタに崩れて正直失望しました。
遠距離恋愛・年の差婚・彼は2度目の結婚ということで、親からはずいぶん反対されていたのにそれでも「絶対に幸せにする!」という言葉を信じて一緒になりました。

でも、魅力的に見えたのは彼を知らなかったから。
バブルの真っ最中、デートは高級ホテルのレストラン、高級車に乗ってスマートにプレゼントをしてくれる姿はまったくの作り物でした。

休みの日は朝から晩までテレビを見てゴロゴロ。
テレビを見ているのでろくに会話もない。

「こんなはずではなかった・・」
でも親の反対を押し切って結婚した手前、帰ることができない。

今思えばあのときに「離婚」という決断をなぜできなかったのか?
あのとき離婚してたら今どんな風だったんだろう?
とどうしても考えてしまいます。

 

他人の顔色を伺う癖

結局、どうしてうまくいかなかったのか?
というのは、私の人の顔色を伺う癖のせいかもしれません。

 

あと、人に本性を晒すのが怖い。
子どもたちはぜんぜん大丈夫なんですけどね。
夫婦なのになんとなく他人みたいな関係。
すべてを晒しだしていませんでした。

私は1回しか結婚をしていないので
比べようがないのですが
両親を見ているといつも二人でしゃべっているし
お互いに大事に思っているのがわかります。

それに比べるとテレビを囲まないと話題がない。
そんな結婚生活でした。

 

【熟年離婚のその後】熟年離婚後の孤独